ビクトンガンスンシク、「四季が経っても」録音スタジオプレビュー映像。歌唱力戦慄

Feb. 11, 2020, 4:01 a.m.

▲ビクトンカン・スンシク/写真〓プレイエムエンターテイメント、722 STUDIO提供

グループビクトンメンバーカン・スンシクが戦慄を醸し出すライブで‘部屋の隅のキャスティング’に対する期待感を引き上げた。

722 STUDIOは去る10日‘部屋の隅キャスティング’フェイスブックアカウントを通じて最初のプロジェクト曲カン・スンシクの‘四季が過ぎても’プレビュー録音スタジオライブ映像を公開した。

公開された映像の中のガンスンシクはメインボーカルダウン名不虚伝の歌唱力でグィホガンライブをプレゼントした。,カン・スンシクは約1分量の「四季が経っても」録音スタジオのライブで訴える力濃厚なボイスとしっかりとした歌唱力で聞くずっと強い戦慄をもたらした。

『美しい過去の思い出を/日を見て笑った君は懐かしさを/別れの痛みは今になって愛を/これ以上はない/本当に去ったのか/花が咲く頃なら、君を忘れられるのか/降る雨水には涙隠し/落葉が落ちる時は痛みを忘れることができるのか』など切ない歌詞と共にカン・スンシクの切ない したボーカルが調和され、強い中毒性に曲に対する期待感を高めた。

先に722 STUDIOはSNS「部屋の隅キャスティング」ページを通じて最初のプロジェクト曲「四季が経過すると」を先行公開、コメントに記載されたアーティストのカン・スンシクを最初のランナーにマッチングした。,リスナーが「四季が経過すると」の歌唱者としてカン・スンシクを直接選んだだけ果たしてどのような曲が誕生したのか注目が集まっている。

カン・スンシクが参加した‘部屋の隅キャスティング’の最初のプロジェクト曲‘四季が過ぎれば’は13日午後6時各種音源サイトを通じて公開される。

部屋の隅キャスティングは722 STUDIOで新たにお目見えするアルバムプロジェクトで、「部屋で私が直接するキャスティング」という新鮮な発想を介して音源消費者の意見を最優先にして、既存の発売システムとは差別化をなす新概念のミュージックプロジェクトだ。,リスナーが歌唱者を直接選定する方法で、様々なアーティストとのマッチングを通じて音源消費者とより活発なコミュニケーションを成していく予定である。

en 
zh 
ja 
id 
vi 
ジョーカーと会ったチェ・ウシク。ホアキンフェニックスとアカデミーの認証ショット
「ハイエナ」側 "チュ・ジフンXジョンソクホ、実際の親しいような完璧な相乗効果」
「愛が必要なとき」イ・ヒョリ、胸暖かくなる瞬間
「アカデミー賞」、地上波を含む視聴率1位。瞬間最高12%
「アイドルラジオ」今月の少女 "イ・スマン、我々の可能性報告プロデューサー参加」
「親しい芸能」チェ・スジョンXキム・ジュノXロビンデイアナ、ない夜の団体ひざまずく捕捉
オク・テギョン、軍服務中のファン・チャンソン誕生日パーティー認証ショット「2PM粘着義理 "
川ダニエル側 "美書「こんにちは、ダニエル」の撮影中。アルバムはまだ"
「わら」チョン・ドヨン「私は元の愉快な人、作品のために閉じ込めておいた」
ジセフイ、魅力濃いボイス「いきなり」