“朝鲜洛科 - 诺杜”Kim So hyun“我21岁,我像我一样表演。”

Dec. 3, 2019, 2:42 a.m.

10.6ヶ月以上撮影したドラマが終わった。どう思いますか? キム・ソヒョン:暑いときに撮影を開始して寒いときに終わった。両方の季節を過ごして撮影チーム、衣装チームなど、すべての苦労をたくさんした。,大変でも一緒にウウながら楽しく力を合わせて作った作品だと感謝の気持ちがたくさん残る。

10.東州は時代劇で見ることができない短い髪だった。おかげで、原作とシンクロ率200%という反応が支配的だったが、リボン頭がおなじみの時代劇では破格的なキャラクターだった。,髪を切る前に悩みが多かったようだ。 キム・ソヒョン:原作ウェプトゥン‘ノクヅジョン’でもドンジュが単発で出てくる髪を切った理由は明らかだ。,劇中ドンジュは両班に売れていく危機に瀕している少女を守るために、自分の髪を切る。キャラクターの性格に集中しようという考えで髪を切った。,原作のドンジュとできるだけ合わせようとした。ぎこちない反応もあったが、同じだという言葉をいただき、幸いだった胸がいっぱいだった。

これまでのところ、その役割とは少し違って、明るく陽気なキャラクターもいますが、東州のように、それは荒々しくて厳しいキャラクターです。 キム・ソヒョン:ドンジュは‘ソンモスム’だ。 (笑い)事実私はドンジュと性格が似ているが、ドンジュのようなキャラクターを演じる機会がなかった。,視聴者に慣れている姿ではないので、どうしてもその部分は心配になった。,ドンジュを魅力的に表現できるか悩みも多かったが、撮影期間中に演技するよりはドンジュに住んでいた。ドラマが終わった後の反応を見ると、視聴者がドンジュをきれいにしてくださったよ。,私はドンジュと似合うという言葉をたくさんいただき、感謝し良かった。

10.緑豆展に出演するきっかけは? キム・ソヒョン監督に先立って出演提案を受けた。「朝鮮ロッコ - ノクヅジョン」を2年間準備した作品だと言われた。作品に長い時間を割くのは珍しいことではないではないか。,愛して準備されたという信念がありました。そして、監督と作家は、彼の仲間を、受動的な人ではなく、主観的で堂々としたキャラクターにすると言いました。,ウェプトゥン「ノクヅジョン」が好きだったし、ドンジュを演じたいという考えに信じて出演した。

10.ドンジュはもちろんムウォルダン、ヨルニョダンなど女性キャラクターを主体的能動的に描いた。運命に任せたり隠すより問題を解決し、開拓していった。,イムイェジン、ベクソヨン作家と多くの会話を交わしたようだ。 キム・ソヒョン:女性キャラクターを能動的に描きたい作家の意志が大きかった。私はこれまで演技しながら(ヒロインに)感じた苦しみや惜しかった部分を十分に理解してくださった。,ドラマの展開は速いが、ドラマの感情の変化は遅いが、ドラマの枠組みを大きく逸脱させない線で表現した。,伝えようとするメッセージがしっかりしたので信じていた。

10.ドンジュを演じながら感情演技に水が上がったしなければならが、感情を表現する幅が広く深くなった。,開発された演技は、視聴者がドンジュの状況と感情を理解するために大きな力を発揮した。 キム・ソヒョン:感情演技を元に集中している方だが、「朝鮮ロッコ - ノクヅジョン」を撮りながら感情演技が前と違うことを感じたりした。,ドンジュは作品の初めにとても明るいですが、後半には体重が増します。ロマンスもそうです。緑豆は女性を所有し、姉妹のように過ごしたので、後半には「男性として感情が深まるだろうか?,こういうことを考えたのだが、東州と緑豆の話がますます解けて、前の明るさが後ろから悲しげに感じられた。

10.ドンジュの振動シーンがとても話題になった。過去の幸せと悲しみに勝ち、今後踏み出すドンジュの感情の変化と意志がよく表現されたシーンだ視聴者が名場面に挙げる場面だ。 キム・ソヒョン:そのような感情シーンでドンジュの感情を把握して共感する文が上がってくると本当に良かった。,視聴者たちが私が意図したことを調べてくださったな、『私が間違ってはいけない表現したんだな』という考えに気持ちが良かった。

10.子供の頃から感情を伝える演技は特出たようだ。悲しく泣いて幸せに笑う。感情演技の秘訣もあるか? キム・ソヒョン:むしろ私は何をすべきか分からないので、いつも学びたい。私は純粋に見えたくて感じないように淡泊に演技しようとする方だ。,感情を表現したり、技術的に表現したりする演技は、私が感じるように、不十分です。,ありのまま感情を表現してみると、視聴者がそのような部分をいきいきと見ていただくようだ。

10.もしあなたが残念なシーンがあれば? キム・ソヒョン:初頭に出てきた上衣脱衣キスシーン。最初の撮影を開始して間もなく撮影したシーンだ緑豆とドンジュの感情が上がらずと届かないようだ。,視聴者がそのシーンをとても良く見てくれて感謝するが、よりよく撮って欲しい物足りなさが残る。

10.ユルム(カン・テオ)が普通の人ではなく、ヌンヤン君(後日人組)であることが明らかになり、ドラマの雰囲気が反転した。 キム・ソヒョン:私は知らなかった。それは私にとって大きな逆転だった。スクリプトを読むとき、私は人工的な話がなかった。私は料理のセクシーな男と甘い踊りを知っていた。,後で、ユルムが人造であることを見たとき、「私が知っている人造ですか?」と思った。ユルムをどのように扱うべきか、混乱して難しい。

10.相手役だったチャン・ドンユンとの呼吸はどうだった? キム・ソヒョン:チャン・ドンユンは、活発でエネルギーの多い俳優です。私は、あまりにも多くの言葉とスポーティなスタイルで、雰囲気を導く必要はありませんでした。,お互いの良いエネルギーがうまく適用されたようです。アクションも良いです。私が簡単に押して、あまりにも簡単に、私はドンジュが強力であると誤解するコメントもありませんでした。,女の子の感情が演技について話すとき、それはとても快適でした。彼らが意図したように、彼らはお互いを愛し、満足していました。

10.意図どおりに良いシーンがありますか? 東州が緑豆に沿って漢陽に来て布団を覆って横になって「私、君がついてきたんじゃない」という場面がある。,枕を奪い、額を叩くのはアドリブです。それは枕を奪う、額を殴る、それは正しい。そのような小さなものはあまりにもうまくいった。,わたしの演技をうまく受けてくれると、シーンのひとつひとつが自然に出てきた。,狭い部屋で撮影されたシーンで、監督は雰囲気を見て快適にするように言った。それは私が美しいと思うシーンです。

10.チャン・ドンユンの女装を初めて見たときの感じは? 初めて会った時(チャン)、ドンユン兄が帽子をかぶって来た。,いつもの女の子はとてもかわいいです。ラインは私を驚かせた。私はシーンでとてもかわいいとたくさん言った。

10.女装緑豆も良かったが、男装ドンジュも可愛かった。 キム・ソヒョン:私は男装だから、子供道領だと言っていた。 男の子のように見えるという話をたくさん聞いた。

10.緑豆とドンジュのケミが有毒良かった。メイキング映像やSNSでも仲が良いことが明らかになり、サム乗ったり付き合うのではないかという誤解まで生むほどだった。,ロマンス演技をする立場では、かけがえのない賞賛だったようだ。 キム・ソヒョン:チャン・ドンユン俳優も緑豆に没頭し、私もドンジュに移入された状態であった。両方ドンジュと緑豆のロマンスをよく生かしたかったし、欲も多かった。,ドンジュと緑豆が心から幸せにしたい願ったので、二人よく似合う賞賛がとても良かった。そのような関心もドラマが愛を受けたので、ついてきたと思うととても胸がいっぱいだった。

10.子役時代から着実に演技よくするという話を聞いて、有毒時代劇でより特出たので「時代劇女神」修飾語もある。,よく正しいイメージと修飾語が負担や責任感に感じられる時もあるようだ? キム・ソヒョン:子役からしてきたので、「ソヒョンは世話をよくするじゃない」という言葉をされるが、新しい人物に会って演技するのはいつも新しい難しい。,そのような修飾語は、プレッシャーや責任を感じるのではなく、厄介です。 「ドラマの女神」やいくつかの修飾語は、私のフィルモグラフィーをうまく構築することを約束します。

10.2008年にデビューしたので、11年目の俳優だが、やっと21歳だ。愚か光を張りたい時もあり、大変時もあるようだ。 キム・ソヒョン:私はしばしば愚かになりたい。私は自分自身がイメージに閉じ込められていると感じているが、私は大人になるべきだと考えていた。,母親が子供の頃から礼儀に反する行動をすると、魂たので、現場でもいつも大人に行動しなければならないという考えをした。むしろ大人になった後楽になった。,「朝鮮ロッコ・ノクドゥジョン」では姉や兄が多くて不平もたくさん張った(笑い)今回の作品では、大人に行動したり、責任を負うという考えがなくて楽で自由だった。,21歳のキム・ソヒョンで演技できた。

10.大人の演技者として確実に位置づけたようだ。 キム・ソヒョン:年齢に比べて大人だという話を聞いても成熟した方だとは思わない。成熟に見せようと努力するよりは、私の姿に合わせて自然に流れるのが良い。,むしろ、もっとやろうとしたり、中途半端に演技したりすると、似合わないようだ。,問わずドンジュだけに集中したので、そのような話をしてくださるようだ。

10.これから挑戦したい演技がある場合は? キム・ソヒョン:アクション。 「朝鮮ロコ - ノクヅジョン」の無月段姉のようにアクションをしたい。単服を着てアクションシーンを撮るのを見るととても素敵だった。,現代劇、時代劇だいいが時代劇アクションをしたい。身を使うことに自分はないのに任せていただければ熱心によくする自分はいる。

10.年末の授賞式が近づいている。あなたは期待していますか? キム・ソヒョン:ベストカップル賞。 (笑)ドンジュと緑豆が愛をたくさん受けたのでベストカップル賞を受けたら良いだろう。,無月段の姉たちも受けたらいいし、エンヅ(パク・ダヨン)も受けたらいいのに、「朝鮮ロコ・ノクヅジョン」が賞をもらう人が多い作品だ。,私より苦労した俳優たちが賞をたくさん受けたらする。

10.演技以外に挑戦したい分野はありますか? キム・ソヒョン:静かに一人でできるのが性格に合っている。心配の多い性格だから芸能番組のように即興的なのは不安で難しい。 MCも時々良い機会が来たらやってみたい。,本を読むのが好きでメモするのが好きで、後日本を一度書きたい。自伝的な話は面白くないから小説を書きたい。

10.どのような俳優と呼ばれたいですか? キム・ソヒョン:私は本当に演技する俳優を聞きたい。私はあなたが私の演技を真正性に感じて欲しい。

10.ロールモデルがあれば、誰ですか? キム・ソヒョン:ロールモデルは別々ではありません。私は自分自身がすべてを知っているとは思わない。私はロールモデルよりも自分自身をよく知っていると思う。,確実な私の席を見つけたら、そのロールモデルを作ることができるようだ。

en 
zh 
ja 
id 
vi