オ・ヨンジュ「厳親娘、金スプーンのイメージは誤解されている。最終目標は俳優です」

Dec. 3, 2019, 2:36 a.m.

放送局のオ・ヨンジュ氏は、「厳しく親しい娘」「金のスプーン」の誤解について説明している。

2日放送されたKBS Joy「何でも聞いて菩薩」では、防訴のオヨウンジュが出演して「私は厳親娘ではない」というテーマで率直な本音を明らかにした。

この日の放送でオ・ヨンジュは「「ハートシグナル」という番組に出てから多くの方々が厳親娘(ママの友人の娘)だと思っておられる。その誤解を解きたい」と話し始めた。

続いていくつかの誤解があったのかという質問に、「ポータルサイトに私の名前を打てば、家が関連検索語で出てくる。,米国留学を行ってきたので、家がいいだろう、まっすぐ折れるようだなどそう考えていただきますが、私は実際にはそうではない」と「厳親娘」ではないと釈明した。

それとともに、自分の幼年時代について伝えた。彼は「中学生の時、インドで初めて留学をした。,そうして、より広い世界に行きたくて高校生の時一人、米国に行く去った」とし「大学生まで米国にあったが、父が突然亡くなって韓国に戻って来なければならいた」と打ち明けた。

以後3年ぶりに再び米国に行ったオヨウンジュは「学費の心配のために勉強を熱心にして早期卒業を卒業した」と、これまでの苦難を告白した。,続いて「「厳親娘」のイメージが多く負担になった。期待感に何をしなければならないようだった」とし「誤解が解けたら良いだろう」と伝えた。

最後に、オ・ヨンジュは今後の動きについて相談を要請した。彼は最終的な目標「俳優」と「「ハートシグナル2」の後退社して、多くの方々が「芸能人だね」と考えるようだった。,幼い時はきれいな顔ではないから芸能人を夢見なかったが、心はあった。最近は演技を学んでいる。今でも夢をかなえたい」と俳優に対する強い熱望を表わした。,これイ・スクンは「ハートシグナル2レッテルを離せ」と助言した。

en 
zh 
ja 
id 
vi