バイブ側「音源買いだめ根絶されなければ、自発的に調査要請」

Dec. 3, 2019, 2:01 a.m.

ボーカルグループバイブ側が音源買い占め疑惑を脱ぐために自発的に調査を要請した。

バイブの所属事務所メジャーナインは3日、追加公式立場を配布し、「長い時間、ただ音楽だけしてきただけで、そのどんな犯罪になるような行動をしていないことを自ら証明するために、このようなことをふくらませた音源買いだめという誤った行動を犯した誰かを見つけるために、現在私たちは調査が可能と考えられるすべての機関に自発的に調査を要請し、協力を促した。,適法で公正な手続きを経て、私たちの潔白が一日も早く証明されるのを待っている」と述べた。

このような調査要請と協力を促すの背景についてバイブ側は「先月24日、アーティストの発言により、思わぬ恥ずかしい状況を迎えた。,数日後、その虚偽の事実は、私たちが不名誉なブランド化につながったフレームに戻りました。議論は無差別に広がり始め、真実ではないとは信じられませんでした。,法的手続きを踏むには時間がかかり、その間1週間が過ぎた。,今、この速度帯で行われた行く数ヶ月後に調査結果の発表が出ても遅れるようだと思った」と説明した。

また、バイブ側は「この問題を取り上げた人も、自分が吐いた言葉に厳重な重さと責任があることを直視して、もはや「カーダー」ではなく、明確で正確な証拠を提示して、誰が罪を犯した人なのか、真実を明らかにしていただきたい」と伝えた。

最後に、「バイブは歌謡界不信を助長する音源買いだめは根絶されるということに積極的に同意するバー」とし「バイブは虚偽の事実に始まった被害者であり、同時に歌謡界の先輩として、私たちもバイブの音楽人生のすべてをかけて明らかにこの部分を証明していく」と強調した。

一方、バイブは先月27日、自分たちの買いだめ疑惑を提起したパク・キョンを「虚偽事実タイムリーによる名誉毀損」などを含む情報通信網法違反罪で告訴した。

▶以下バイブ側追加公式立場専門。

先月24日、アーティストの発言により、思わぬ恥ずかしい状況を迎えました。,明らかに、それは虚偽の事実だったので、私は最初の問題に遭遇したときに間違いだと思った。,所属事務所を通じて事実と異なる部分は正し、謝罪はして欲しいという意思を代わりに渡しました。

しかし、「記事は削除したが、リンゴは難しいようだ」という答えを受け、数日が流れると、その虚偽の事実は、私たちに不名誉な烙印で、フレームに戻ってきました。,議論は無分別に拡散し始めており、恥辱な札がついてつき始め、事実ではないいくら話をしても信じていませんでした。

法的な手続きは、他のどのものよりも公正ではないことを証明しようとしましたが、法的手続きを踏むには時間がかかり、その間に1週間が過ぎました。,人々は歪んだ真実を信じて、少しずつ手伝い始めました。私はそれを聞いた。,誰がそうだったよなどの証拠のない噂が刺激的な問題で、刺激的なキーワードに合わせながら、私たちの音楽と家族にまで口にできない悪質な書き込みがあふれました。

今、この速度帯に進行された行く数ヶ月後、調査結果の発表が出ても遅れるようだという気がしました。,過去似たようないくつかの事例のように、すでに不名誉な烙印が押された、虚偽の事実で作られたフレームがかぶせられた歌手がされているようだったからです。

音楽を演奏するだけで犯罪になるようなことをしなかったことを証明するために、そしてこれらのことを浮かべた音源買い占めという誤った行動を犯した人を見つけるために、私たちは現在、調査が可能なすべての機関(カカオエム、ネイバーミュージック、ソリバダ、バグスミュージック、ドリームアースカンパニー、ジニーミュージック、文化体育観光省、公正取引機関、 委員会は、大韓歌手協会、国会議員アン・ミンソク、韓国音楽実演者連合会、韓国音楽著作権協会、韓国著作権保護院、韓国音楽コンテンツ協会、韓国音楽産業協会、韓国コンテンツ振興院、放送通信委員会は、韓国マネジメント連合)に自発的に調査を要請し、協力を促しました。

そして、正当で公正な手続きを経て、私たちの無実が一日も早く証明されるのを待っています。

これより早く可能できるように、他の何よりも流通社から事実証明のための資料の確認をお願いいたします。,問題が提起されたチームだけでも資料を検討することができることを私達も切に望むバーです。,加えて、この事案が必ず明白に明らかになることができるよう皆さんも対外的な声を高めていただき切にお願いいたします。

こうした問題について議論した人たちも、自分が発した言葉に重大な重さと責任があることを直視し、もはやカーダーではなく、明確かつ正確な証拠を提示して、誰が罪を犯した人なのか、真実を明らかにしてください。

バイブは歌謡界不信を助長する音源買いだめは根絶されるべきということに積極的に同意するバーです。,バイブは虚偽の事実に始まった被害者であり、同時に歌謡界の先輩として、私たちもバイブの音楽人生のすべてをかけて明らかにこの部分を証明していくことを明らかにします。

イ・ホヨン記者

en 
zh 
ja 
id 
vi