同じセリフの異なる感情模範タクシーまたはVS表イェジン演技比較話題

2021-04-08

「模範タクシー」で下車したイナウンと新たに投入されたピョイェジンが演じたようなシーンが話題を集めている。

SBS新しいグムトドラマ「模範タクシー」は、「定義が行方不明になった社会、電話一通であればオッケー」ベールに隠されたタクシー会社虹運輸とタクシー運転手キム・ドギが悔しい被害者に代わって復讐を完成する私的複数代行劇である。

当初グループエイプリルイナウンが「虹運輸」所属のハッカー「アンゴウン」にキャスティングされて撮影を進行したが、グループ内のいじめ論議と学幅疑惑に包まれて中途下車した。この席には俳優のピョ・イェジンが投入された。

これと関連しバクジュンオ監督は「模範タクシー」のオンライン制作発表会で、「最初から再び撮ることが発生し、俳優たち、スタッフがみんな心で再撮影した。最も難しいのはピョ・イェジンと前にこの役割をしたイナウンだと思う。固く団結して災い転じて福のきっかけとした」と明らかにした。

初放送を二控えた7日あるオンラインコミュニティには「SBS模範タクシーイナウン表イェジンのような状況のようなセリフ、他の感じ」というタイトルの記事が上がってきた。記事には、劇中「アンゴウン」のセリフを演じる二人の姿が比較されている。

ティーザー映像の中でイナウンと表イェジンは「私は賛成!賛成しなければ一団」という同じセリフを消化する。イ・ナウンは人物紹介用ティーザーを撮るための演技、表イェジンは、実際のドラマシーンに使われた演技というのは考慮すべき部分だが、二人のセリフトーンやキャラクター解釈は明らかに異なっている。これを見たネットユーザーたちは "ニュアンスが確認違う」「やはり俳優がはるかに自然だ」「出演者の交換に再撮影までしたのでうまくいったら」など、様々な反応を出している。

一方、SBS「模範タクシー」は「ペントハウス2」の後続で来る9日午後10時初放送される。

ホン・シンイクデジタルニュースチーム記者hong.shinik@joongang.co.kr