路地レストランベクジョンウォン石英ペースト酷評 機嫌上下は味キムソンジュ試食拒否

2021-04-07

[ニュースにはイハナ記者]

ベクジョンウォンがパスタ家料理を食べて極と極反応を見せた。

4月7日放送されたSBS「ペク・ジョンウォンの路地食堂」では、江東区吉洞路地のパスタ家最終点検が行われた。

パスタ家の社長は、アリオ・オリオ、ポモドロ、石英クリームパスタの3つのパスタを準備した。白宗元(ペク・ジョンウォン)は、バジル・ペストが入ったアリオ・オリオ・パスタを食べ、「バジル・ペストを除いてもいい。私たちは、ほのかな香りが出ると勘違いすることができますが、実際には、外国人の立場では、ビビンバに味噌入れて悲感じだ」と指摘した。

ファブリーからレシピを渡されたポモドローは、「これは確かに良い香りです。それは素晴らしいです。イタリアで食べるのは良いです。それは良いです。

最後のものは、石膏クリームパスタでした。石膏から1つの口を食べるペク・ジョンウォンは頭をかしげて、綿とキノコを一緒に食べて丁寧にテストしました。ペク・ジョンウォンは「石膏を必ず入れなければなら一つ。肉の匂いがぱっと上がってくる。 原価面でもそうあえて」と指摘した。

次のように付け加えた。「キノコだけ入れた方がはるかに良い。 石英を一緒に食べたときにプラスアルファにならなければならないのに味はむしろマイナスだった。

パスタ家社長が「ベーコンを入れたのにベーコンの香りが大理石本来の香りを食べてしまった」と説明した。社長に試食を権限ベクジョンウォンは「焼いて食べるときの味ではなく、軽く機嫌上下する味だ」と話した。

ベクジョンウォンは石英があるバージョンとハムとベーコンで作られたバージョンで、それぞれパスタを作ってもらう注文した。以後状況室にパスタをもたらしたベクジョンウォンはキム・ソンジュ、ジョンインソンとクリームパスタを試食した。

キム・ソンジュは食べてすぐにパスタを吐きながら試食を放棄し、チョン・インソンは「イカ問題だと思ったが、石英自体がクリームと合わない。クムクムだ」と指摘した。一方、ベーコン版を食べたときは「これを見つけた」と交錯した反応を見せた。 (写真=SBS「ペク・ジョンウォンの路地レストラン」放送キャプチャ)

ニュースにはイハナ bliss21@

記事情報提供およびプレスリリースnewsen@newsen.com copyrightcニュース円。無断転載及び再配布禁止