路地レストラン太郎パスタ家イタリアンファブリに味伝授

2021-04-07

7日午後放送されたSBS芸能プログラム「ベクジョンウォンの路地レストラン」は、先週に続き、ソウル江東区太郎路地のパスタ家、鼻足蒸し家、タッガルビトジプを訪問した。

この日の放送ではベクジョンウォンはコロナ波動を克服し、最後のチェックを受けるために帰ってきたパスタ家社長と向き合った。

社長は「子供が熱が40度まで上がった。コロナ音声判定を受けなければならされ、病院で拒否している」と現在の状況を明らかにし、時間が経った後、無事に状況を整理して、再食堂に戻ってきた。

このような社長にベクジョンウォンは「ファブリ来たり来たり?「はい」と尋ね、社長は「イタリアのシェフ・ファブリにパスタのレシピを伝授し、メニューは既存の49種から3種(アリオオリオ、トマトソースポモドロパスタ、チャドルクリームパスタ)に簡素化した」と述べた。

パスタの3つの味を味わったペク・ジョンウォンは、「良い香り。イタリアの気持ち。しかし、バジルペストはあまり入れない方が良い」と助言した。