ラスパクスホン 最も困難な時期に伴侶墓ダホンが私の構造第子になった

2021-04-07

放送パク・スホンがやつれた姿で伴侶墓ダホンとの運命的な出会いを紹介した。

7日放送されたMBC「ラジオスター」ではチュ・ビョンジンとノ・サヨン、パク・スホンとパク・キョンリムがゲストとして出演して話術を誇った。

この日パク・スホンは実兄との金銭問題で心苦労が激しかったようにぐんぐんとやつれた顔で登場した。

30年れるパク・キョンリムと一緒に出演した彼は、最近伴侶墓ダホンイに陥っていると、「ソンホンスが一番牽制する友人」と述べた。

パク・スホンは「私は猫を育てるつもりもなかったも怖がっていた。ところが、釣り場に行って黒い子供がイトギルレ「来」した尾をきつく立ててきたよ」とし「落ちたのり巻きを拾って食べるので気の毒に連れてきて、動物病院に連れて行ったところ、多くの病気の子供だったよ」とダホンがに会ったきっかけを説明した。

彼は最初は知っている弟にダホンがを送信しようとしたが、ダホンが自分と離れると排泄もないまま無気力になったと発表した。

続いて「一日で拾いに行ったら、私の車に乗るやいなや休んでうんがをしたよ」と伝えた。

真剣な顔でダホンの話をしていたパク・スホンはユ・セユンが笑いを爆発させよう」笑う話ではない」と指摘した。

ダホンが自分の子になったというパク・スホンは「どのような方がコメントを書いてくださった。私ダホンがを救助したのではなく、私の最も人生で大変な時期を経験しているときに、この子が私を救助しただろう」と実兄との紛争を間接的に言及した。

パク・スホンは「偶然運命のように、第誕生日が黒い猫の日やら同じように10月27日」とし「とても鳥肌キッチよ」と述べた。

スポーツ韓国ギムヅヨン記者dyhero213@sportshankook.co.kr