路地レストランパスタ家子供高熱→コロナ検査変数育児先輩ベクジョンウォン共感

2021-04-07

[ニュースにはイハナ記者]

ベクジョンウォンが最終点検を控えて子供の高熱のために心をゾルインパスタジプ社長を慰めた。

4月7日に放送されたSBS「ペク・ジョンウォンの路地食堂」では、江東区吉洞路地の最終点検準備が公開された。

江東区太郎路地の最終点検日、他の店とは異なり、パスタ家では、社長の姿が見えなかった。製作陣はパスタ家社長の子供が高熱のために病院を訪れたコロナ19検査の結果、音声が出るまで診療を受けることができない中を乗せている状況だと伝えた。

パスタ家の子供がコロナ検事の陰性判定を受けて問題が解決された後、昼食の時間になってから店に出てきた。それでもとても熱心にしてきたからお見せしたい」と惜しんながらも、「仕上げはよく犯したいから」と意欲を見せた。

店を訪れたペク・ジョンウォンは「赤ちゃんの熱が出ると、大丈夫か。何ヶ月か」と尋ねた。31ヶ月になったという言葉にペク・ジョンウォンは「それはまさに熱が上がって下がる時だ。私もだから子供たちが熱くなると眠れなかった」と育児先輩として助言をし、安心させた。

ニュースにはイハナ bliss21@

記事情報提供およびプレスリリースnewsen@newsen.com copyrightcニュース円。無断転載及び再配布禁止