パクスホン 人生で最も困難な時期パクキョンリム パクスホン15kg抜けかっと

2021-04-07

実兄と金敵的な争いをしている放送パク・スホンが「ラジオスター」に出演して、自分が直面している状況を迂回的に言及した。

7日放送された「ラジオスター」には、伝説のコンビ特集でチュ・ビョンジン - ノ・サヨン、パク・スホン - パク・キョンリムが出演した。

この日パク・スホンは肉が多く落ちてやつれた姿だったが、最善を尽くして放送に臨んだ。

パク・スホンは、自分が育てる伴侶墓ダホンがを「ソンホンスが一番牽制する友人だ」とウィットに紹介した。

続いて「私は猫を育てるつもりもなかった猫をさらに恐れていた。釣り場に行ったも黒い猫があった。尾をきつく立て離れたのり巻きを食べたので気の毒動物病院に連れて行ったところ痛いよ」とし「私落ちて出た排泄もモトガリゴ泣いて一日に連れて来た。私の車に乗るとすぐ排便をしたよ。だから抱きしめたが、その次のからは、第子になった」と話した。

また「一部の人が私ダホンがを構造たのではなくダホンが私を構造たよ。私の人生で最も困難な時期を経験しているときにダホンが私を構造した」と打ち明けた。また、「私の誕生日と黒い猫の日と同じだ。とても恐ろしい」とダホンがと縁を自慢した。

続いMCキム・グラはパク・キョンリムに向かって、最近もパク・スホンとよく会っかと尋ねた。パク・キョンリムはコロナ19の影響でよくない会ったと打ち明けた。するとキム・グラはパク・キョンリムが事実控室でパク・スホンのやつれた姿に泣こうとしたよと述べた。

パク・キョンリムは「肉15kgが落ちたよ。びっくりした」と心配をした。パク・スホンは感動した表情でパク・キョンリムの手を握った。

先にパク・スホンは先月実兄夫婦から金銭的被害を受けた事実を打ち明けた。パク・スホン側は過去30年余りの間、自分のマネージャーの役割をしてきた実兄が横領した後潜伏したと主張したが、実兄がこれに反論し、法的争いに入った。去る5日パク・スホン側は実兄夫婦を横領の疑いでソウル西部地方検察庁に告訴した。